家計の負担

夏は湿度も高くなり、室内を快適に保つのも一苦労になってきます。
日本には春夏秋冬と季節の移り変わりがあるため、冷房・暖房・除湿・などの快適な空気環境に整えるのはとても大変で苦労するところです。
特に、近年ヒートアイランド現象により、アスファルトで舗装された道や、ビルなどの反射熱、夜はエアコンや空調の室外機による温風などで、熱が溜まりやすく、気温も高くなっています。
そして、冬は一部では毎年例年以上の豪雪や太平洋側でも気温が低めで、快適に暮らすのは一筋縄ではいかないようになってきています。

そんな私たちの生活の中では、空調設備(エアコン)、は欠かせないものとなっています。
しかし、年中使用する、空調設備(エアコン)は、どうしても環境に大きな負荷をかけることとなります。また光熱費もかかり家計への負担も大きいものです。
メーカー側も、そんな変わりやすい気候に応じての、省エネを備えたものを多く発表しています。
実は、家電製品の中で一番電気代がかかるのが、空調設備(エアコン)なのは知っていましたか?特に、使用年数10年以上経過しているものは、ものすごく電気代がかかり、負担も大きくなります。
負担軽減には、やはり新しい省エネ機能が付いたものに替えた方がいいのです。また、省エネの観点から、オフシーズンには業者にお願いしての清掃、使用時はこまめにフィルター掃除をしないと省エネにはありません。

正しく選ぶ事で、家計にも優しく、CO2の排出も抑えられて環境にもいいのです。

イチ押しリンク

業務用エアコンは業界最安値で販売しているこちらでお求めください【エアコンストアー】
エアコンの工事の事ならこちらにお任せ|エアコンサポートNAVI
エアコンの取り付け工事やクリーニングなどおまかせ!|taskal株式会社
エコを考えるなら薪ストーブがオススメです。しっかりとメンテナンスやサポートもあるので安心できますよね。
エアコンの取り付けはお任せ|エレホーム

カレンダー
2014年12月
     
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  
検索
カテゴリー
  • カテゴリーなし